ペニス増大サプリの効果は性能で決まる!

ペニス増大サプリの嘘をまとめた【効果や口コミ、成分など】

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリやその商品で調べると「嘘」というワードが必ず出てくる。恐らくは「効果」を指してんだろうけど、それだけではなく口コミ情報や成分、実績、返金など色々疑わしいことがあるのでまとめていきます。

ペニス増大サプリは嘘が多い!その理由

ペニス増大サプリは嘘が多い!その理由

通販のどんな商品でも口コミなどの情報に嘘は付きものでしょう。競合によるものや自作自演などありますが、1番は商品が売れたらお金がもらえるアフィリエイターが存在するからです。「ペニス増大サプリ」は基本、ネット通販にしか存在しない為か、このアフィリエイターが多い方です。

アフィリエイターが多いとサイトも多くなり、検索で目にする機会が増える。当然、売る為なのでサイトには良いことしか書いてない。真偽はわかりませんが、効果があったなどと嘘も書くでしょう。故に多くの人が「効果なし!失敗!騙された」となってしまうわけです。

増大サプリは性能自体がピンキリで存在するので、中には本当に効果ありの性能が群をぬいたものも存在します。口コミなどは気にせず、慎重に情報収集を商品の性能などを比較して選ぶことが重要です。

口コミ・評価は完全スルー!全部嘘と思え!

口コミ・評価は完全スルー!全部嘘と思え!

ランキングや比較、実践、体験、2ch5chなどのサイト内にある口コミや評価などの情報は全て嘘と思って信じるべきではありません。先に言ったようにアフィリエイターが混在する以上、信憑性はありません。売る為なら良いことを書くのは当たり前です。

商品の性能などの概要的な情報なら参考にしてもいいですが、「効果」に関する情報は絶対にスルーすべきです。
他人が言う効果なんて個人差もあるわけだから、何の参考にもなりません!

●冠!●万個突破!などの実績も完全スルー!

●冠!●万個突破!などの実績も完全スルー!

ランキングサイトでよく登場する商品を中心に「実績」をアピールしてる商品が増えてきました。それによって競争が激化してる気がします。

これは公式ページに実感力や実感速度、人気、リピート率、口コミ、評価など1位にして「●冠」と実績をアピールしてるものです。昔は5-6冠程度でしたが、どの商品もやるようになり競い合い、数を増やしていった結果今は20冠くらいになっちゃってます。

何が元になっているかというと、基本はその商品を取り扱っているショップ内でのアンケートを取った結果です。1商品しか取り扱ってなければ何の項目でも1位になりますね。項目を思いつく限り何冠でも増やせるというわけです。楽天のように全商品を対象としての話ではなく、あくまで自ショップ内の話なので注意!

近年では信憑性を持たせようと調査会社に依頼してアンケートを取った結果として出してるところもあります。ただこれも「サイト比較イメージ調査」となってたりするので、実際に多数の商品を使用したものではないということでしょう。本当に調査会社は依頼商品を優遇せず正当にアンケートを取っているのか、販売会社と関係はないのかなど真実はわかりません。

このように実績は不透明なので、真に受けずスルーした方が賢明です。決して「●冠」など数が多いものが効果ありの良い商品だと思わないように!

シトルリンの濃縮は嘘?成分にも注意!

シトルリンの濃縮は嘘?成分にも注意!

ペニス増大サプリに配合される成分の中で、最も有名なシトルリン。あらゆる商品の公式・宣伝ページではその量や質をアピールしています。昔は量を掲載することなく、「高純度」など言葉巧みに質をアピールしていましたが、近年では量をちゃんと明記してアピールしています。

各商品、量を競い合っていますが、1錠に入る量に大差はないので、1日の摂取量(何錠飲むか)でシトルリンの摂取量が大きく変わってきます。ただ1日の錠数を増やせばコストがかさみます。増大サプリの値段は12000円付近で昔から固定されており、限界がある為、摂取量に大差は生まれにくいのです。

ただゼルゲインEXはコスト・利益を無視した量(1日6錠、摂取量1日2400mg、内シトルリン1200mg)で、逆にヴィトックスα extraeditionは利益優先とわかるような量(1日1錠、摂取量約280mg)ですが、値段は同じという商品もあります。

そして量を競い合って生まれたのが「濃縮」です。100倍濃縮などと言って量を多く見せる言葉の手法です。その結果、ブラビオンSのようなシトルリン3000mgやガガドラスにいたっては6000mgを1日摂取という商品が誕生しています。

確かに濃縮と言われれば、凝縮された量が詰まってるイメージです。しかしヴォルスタービヨンドブラストの公式ページでは、このような背景に対する警告として

「シトルリンやL-アルギニンなどの粒子状の(アミノ酸)は、そもそも粒子状の成分です。純度100%の原料をさらに濃縮する技術は世界各国の研究機関のみても実例を見たことがありません

と言っています。考えてみると、シトルリンの原型は粉ですから、粉を更に濃縮なんてできるのか?って思います。

また1日の総摂取量を完全に超えて配合されてるのはおかしなことです。ゼルゲインEXやヴォルスタービヨンドブラストが公表しているシトルリン量が、確かに1日の総摂取量内に収まっているのをみるとなおさらです。他にも調べましたが、「濃縮」という言葉を使ってない商品はちゃんと収まっていました。

このように、シトルリンの濃縮による量は嘘と思わざるとえないので、シトルリンなど粒子状のものを濃縮という言葉を使ってる商品には注意です。

補足ですが、シトルリンは血流作用をすることや他の成分との相性が良いことから、増大サプリには欠かせない重要な役割をもっています。質はどれも変わらないと思いますが、量によって効果は違ってくるでしょう。ただ、一種のアミノ酸であり体質を改善する成分です。マムシやすっぽんなどの動物系成分と違って、精力に対し直接的な働きをするものではないので、過度な期待は禁物です。

返金保証に釣られるな!巧みなシステム

返金保証に釣られるな!巧みなシステム

ランキングや広告で有名なサプリでよく見かける返金保証。これにも一部の商品に嘘というか落とし穴があります。返金保証というと購入して効果がなかったり満足できなければ、払ったお金が全額戻ってくると解釈するでしょう。しかし、返金保証付きの殆どの商品が損する仕組みとなっているのです。

まず、返金保証には「期限付き」のものと「永久」のものがあります。違いは期限付きであれば、期限内に返金の手続きをしなければなりません。よって複数購入していても全て使用することができず、返品しなければなりません。逆に永久であれば全て使用してから焦らず返金手続きすることができます。

ただ、落とし穴なのが返金が適用される条件に「複数購入であること」「返金されるのは1箱分のみ」としてる商品が殆どです。つまり、期限付きの場合は返金しようとすると全て使用することなく、お金は1箱分のみしか返ってこない。わかりやすく言うと、3箱購入しても1箱分しか返ってこず、2箱分はドブに捨てたのと同じです。
よって、返金保証を利用したことで逆に損してしまうのです。1か月試して全く効かずもう飲むことはない、せめて1箱分だけも金を返してほしいって人は話が別です。
永久の場合には、購入した分全てを使用することはできるが、お金は1箱分のみ返金ということです。

重要な注意点として、どの商品も返金されるのは全額ではありません。最低限、返金時にかかる商品を送り返す送料、振り込んでもらう手数料は差し引かれます。もちろん、購入時にかかった送料や決済手数料は含まれません。更に、事務手数料(1000-2000円)がかかる商品もあります。トータルすると2000円前後は戻ってこないと考えた方がいいです。

また、返金手続きはとても厄介です。空箱、シート、納品書、その他付属品など1点でも欠ければ適用されません。また期限付きの場合は最初の1箱以外必ず未開封でないといけません。

そしてどの商品も「必ず電話」で手続きをしないといけません。そこでちゃんと使用したのかなど色々聞かれたり、女性が対応するなど嫌な思いをすることになります。ただでさえ、自分はちんこが小さくてこんな商品を使ってる引け目があるのに、わざとやってると思ってしまいます。

公式サイトには返金保証を利用する際の注意事項が必ず書いてあるのですが、小さくて目立たないところにリンクされていたりします。利用する際はくまなく探し必ず読みましょう。

返金保証付きの商品が公式サイトで「おかげさまで返金を利用する人が殆どいません」などと言ってるように、このようなそもそも返金させる気がないようなシステムを利用する人なんて殆どいないでしょう。返金保証は販売業者の自信の表れや安心・安全なものではありません。間違っても返金保証が付いてるから、商品を選ぶということは避けることです。

まとめ-嘘のつけない情報を参考に-

ペニス増大サプリの情報収集や購入の際には、

  • 効果に関する口コミや評価
  • シトルリンの濃縮
  • 実績や返金保証

という情報はまず完全にスルーすることです。

アフィリエイターが存在するからだけではなく、公式ページでさえも嘘のような落とし穴が存在することを理解しなければなりません。そこには巧みな言葉の言い回しが存在しています。

逆に言うと増大サプリを選ぶ際、「嘘のつけない情報」のみを参考にするのが1番失敗しないと言えるでしょう。嘘のつけない情報とは公式ページの商品概要や箱に記載されてる情報ということになります。それはすなわち商品の「スペック」=「性能」を表しています。

  • 成分(構成)
  • 成分数の多さ
  • タイプ数(錠剤やカプセル)の多さ
  • 1日の総成分摂取量

は最低限読み取れます。これだけでもある程度の効果は十分予測できます。なぜなら、どんな商品でもそう言えますが、性能=効果だからです。次いで、情報サイトや公式サイトから「新しさ(発売時期)」やその他特徴を読み取れれば、嘘に惑わされることなく良い商品を選ぶことができるでしょう。

コメント