ペニス増大サプリで巨根達成

ペニス増大サプリは効果なし!?【失敗しないサプリ選び】

ペニス増大サプリ

ネットでペニス増大サプリを検索する際、必ずしも「効果があるモノ、有効な情報が最初の方に出てくる」とは限らない。そして、何も知識がなければ最初の数ページしか見ることはないだろう。そこに落とし穴があり、失敗するパターンが多い。
またサプリは何百という種類が存在するが、実際に効果があるモノは全体の1割と言われている。なぜそう言われているのかと言えば、モノによって効果に直結する成分数や構造、タイプといった「性能」が全く異なるからであり、性能が高いモノはその1割しか存在しない。

情報収集する際はアフィリエイターサイトなのかどうか、言っている事は正しいのか、他のモノより性能がイイものなのか、損はないのか、「真の情報を見抜く知識」が必要となる。

ペニス増大サプリのアフィリエイター情報に惑わされるな

ペニス増大サプリのアフィリエイター情報に惑わされるな
アフィリエイターとは、商品を売る為にサイトを作って、購入させて業者から報酬をもらう人たち。どんな商品でも存在するが、サプリ関連商品は特に多いと言われている。そのサイトの情報が有効・真実であればよいが、当然そんな事はない。アフィリエイターも生活、仕事としてやっているので、効果があろうがなかろうが、効果があった事しか書いていないのが基本。

そしてこのアフィリエイターが1つの商品に対し多く存在する程、情報量が多くなり、検索時に最初に出てきやすくなる。結局、本当にイイモノか関係なく、宣伝力のある商品が最初に出てきて、利用者は「有効な情報だ、効果があるんだ」と思い込んで失敗するパターンとなる。

古い商品である程、情報量は溜まっていく一方なので、最初に出てきやすくなる。中には10年以上前のモノが存在する事もある。
ペニス増大サプリは日々進化しているので、今の高性能サプリと古くからあるモノを比較した時、性能や効果に雲泥の差がある。新しさ、古さが判断基準の全てではないが、良し悪しを見抜く重要な判断基準。

アフィリエイターの宣伝手法には、ブログや比較サイト、ランキングサイト、知恵袋やその他SNSなどがある。アフィリエイターは1つの商品だけやっているわけでなく、複数の商品を抱えている場合が多いので、比較サイトやランキングサイトが多くなる。そしてアフィリエイターは数多く存在するので、自然と同じ商品ばかり色んなサイトで目立つようになる。

  • ヴィトックスα
  • ヴォルスタービヨンド
  • シドルフィンEX
  • ペニブースト
  • バリテイン
  • ギムロットα
  • ブラビオン
  • アプソルシン
  • フュージョンEX
  • ゼファルリン

これら増大サプリを比較した場合、

  • 発売された時期が古い
  • 成分が少ない
  • タイプ数が少ない

ものがほとんど。アフィリエイター商品は宣伝力がある分、世にさらされる事にもなる為、必ずしもプラスではなく、いい商品でなければ叩かれることもある。アフィリエイターの増加とともに、自商品の効果だけでなく、他をおとしめるような悪質なものも増えてきている

。本当に使用して効果があったのか?と疑問を持つようなサイトが増え、そもそも使用したのかとさえ思う。アフィリエイターも売るのが仕事なので、商品自体が「イイモノなのかどうか」そんなことは気にしていないだろう。

そう考えると、やはり自分で知識を備える事が重要になってくる。「効果」はいくらでも嘘がつける情報であり、そこに信憑性はないので、まずは「損をしないこと」を重点に考えていく必要がある。そなると成分やタイプ、新しさなど嘘のつけない情報である商品自体の「性能」をまず調べる事が、真の情報を得る事につながるだろう。

ペニス増大サプリの配合成分に着目

ペニス増大サプリの配合成分に着目
では性能が高いモノを見抜く為にはどういった知識が必要なのか。まず根本なのだが、ペニスが増大する理屈は調べると「血流の量を増やしペニスが大きくなる」という答えになる。ではこの血流を増やす為には、調べると「シトルリン」あるいは「マカ」や「クラチャイダム」「亜鉛」などといった配合成分のワードが主に出てくる。

これが大間違いなのだがシトルリンは体を構成するアミノ酸である。十年ほど前に血流を促進する効果があるとわかってから、一気にシトルリンを配合したサプリが流行った。それは今でもなお続いているだろう。しかし、実際はダイエットサプリなんかに含まれる事が多く、運動機能を高める健康的な成分の1種にしか過ぎず、精力的な実感はほとんど感じない。

マカやクラチャイダムなどの「植物系成分」も同じく、血流を高める作用があるものの、精力実感はほとんどなく、むしろ「健康感」の方が強い。
亜鉛量は豊富なものもあるが、精子量を増やす程度の効果にとどまる。

これら成分をメインとしたサプリはたいてい性能自体が低い事がほとんど。これらの成分は「入っていた方がいい」程度に覚えておくこと。いや「入っていて当たり前」の成分である。

ペニス増大を確実に成功させた者達が語るペニス増大の理論は

  • ペニス増大の基礎を作るシトルリンやアルギニンのような「アミノ酸」
  • 精力実感を高めるすっぽんやマムシ等の「動物成分」
  • 精力は低いが安全性の高いマカや冬虫夏草等の「植物成分」
  • 血流を送る指令を出す脳を活性させる「神経作用成分」
  • 毎日飲み続けていく為に健康を維持する「ビタミン系等の健康成分」

体内で相乗作用を起こし、増大に必要な細胞を形成し組織、増殖させ、ペニスに送り込む血流を増加させ増大に至る

というのが最も理屈的で信用されている理論である。

これら成分を全て配合されてる事が高性能サプリの1つの条件であるが、ごくわずなのが現状である。調べてみると、成分50種を下回るサプリは何かが欠けている。逆に成分50種以上であれば確実に配合されている為、これが高性能サプリの定義でもある。

幸い、これら成分の情報は売り手が公開しなければならない「嘘のつけない情報」なのでチェックはしやすい。

ペニス増大サプリのタイプ数に着目

ペニス増大サプリのタイプ数に着目
成分配合の情報ともう1つ重要なのが増大構造を表すタイプ数。公式ページなり宣伝ページなりで増大構造(どうやって増大に至るか)の説明がある(説明がないものは論外)。多くの場合、基本増大構造(細胞増殖、組織化、血流増など)にのっとったものだが、これが正しいものか、納得できる情報かであるかは、何種飲むかがキーになる。

多くのサプリが錠剤またはカプセルの1タイプ(1種)なのだが、1タイプだと体内での複雑な作用がしにくく効率が悪いと言われている。確かに1タイプに成分数をつめこめば、それぞれが微量になり十分な役割を果たせない。1タイプの成分数が50以下なのはこういった理由があるのだろう。

逆に言うと2タイプ、3タイプはそれぞれの錠剤、カプセルに十分な成分種、成分数を詰める事ができ、役割を持たす事が出来る為、増大効率がいい。まして基本の増大構造が3過程なので、3タイプが最適と言われている。

また3タイプである最大のメリットは「体内で相乗作用しやすい」ということ。これによって精力アップ・ペニス増大作用効率アップはもちろん、集中力アップや快感アップ、胃腸改善など健康的な効果(サブ効果)の期待値も高いと言われている。

このように何種飲むか(何タイプか)チェックする事で増大構造が正しいものかを見抜く判断材料となる。世に出回る大半のサプリが1タイプの為、「効果があるモノは全体の1割」などと言われる由縁なのだろう。

コメント