ペニス増大サプリで巨根達成

ペニス増大サプリの飲み方とタイミング【効果を高める3選】

ペニス増大サプリ

何年もペニス増大サプリを使用してると、飲み方によって効いてる実感や実際の効果が変わることがわかってくる。用法通りに飲むより、実際に効果に影響した飲み方を紹介する。

用法通りに飲むのが一番ではないのか

用法通りに飲むのが一番ではないのか

用法は販売・製造側が推奨してるのだから1番効きやすいのでないか、と思うかもしれないが数年色んな飲み方を実践してるとそうではないことに気付く。

確かに用法通りに飲むのは当たり前であり、何より安全性も確保される。その増大サプリの本質を知る為にも最初は用法通りに飲むべきである。

しかし、用法以外に何故今から紹介する効果を高める為の飲み方が存在するのか。

1番の理由は日本のペニス増大サプリは「安全過ぎる」ということ。考えてみても、増大サプリ商品の名称欄には「~食品」とついており、所詮サプリであり食品なのだ。医薬品とは全く異なる。

安全なラインの更に安全の安全くらいに設定されていると思う。

事実、例えば1日2-4錠を目安となってる場合は、上限の4錠で飲んだ方が効果は高いし、何の問題もない。

いやもっと言えば、錠数が少なければ値段が安く製造・販売できる為、むしろ本当は明記されてる用法が、効果を満たす為に十分ではない!とさえ思ってしまう。

つまり、その商品の製造、販売価格が先に合って、後から錠数で調節してるんじゃないか?って思っている。

なのでどの商品・販売側も言ってる通り「用法はあくまで目安」にしか過ぎないということを理解する必要がある。

1日の飲む錠数は増大サプリによって様々、多い方が良い?

日の飲む錠数はペニス増大サプリによって様々、多い方が良い?

増大サプリの1日の飲む錠数を調べると、実にバラバラ。1日1錠のものから8錠のものまである。つまり1か月分30錠のものから240錠のものが存在するということだ。

そうなってくると値段も変わると思うだろうが、これについて深く調べると面白いことがわかる。

ちなみに平均は1日2-3錠である。

例えば1か月分240錠のサプリの値段を調べてみると、5000円~1万程。これは全体から言うとむしろ安い。(効果が高いとされるペニス増大サプリの平均額は13000円、全て1日3錠以下。)

普通に考えれば、錠数が多い以上、コストは上がるはずである。

今度はそれらを含めた錠数の多い(他と比べ多い、1日4錠以上)サプリの「性能」を調べると、全て成分数が10種以下だったりかなり低いということがわかった。

これらは性能自体は増大サプリではなく、健康サプリクラスなのである。

つまり1錠では効力が殆どない為、飲む錠数を増やさなければならないってことだろう。実際に飲んだ事があるが錠数が多いからと言って、勃起や増大に関し効果が高いわけではなく、むしろ実感の低いもので体調がいいなど健康的効果がメインだと感じた。

性能が低いサプリの場合、必ずしも用法用量が多いことがプラスになるわけではないってこと。逆に性能が高いサプリは効果が高まった事実がある。

最も効果の高い飲む時間帯

最も効果の高い飲む時間帯

時間帯においても「効きやすい時間帯」があることがわかった。

結論は「人によって異なる」ということだが、自分の経験や多くの交流情報から大多数を占めめる意見は「自分の脳や体内が最も活発な時」にサプリを飲むのが効果的ということ。

では具体的な時間帯だが、これは朝型、夜型の人間がいるので人様々だろうが、通常であれば10時頃~17時の間ではないか。

サプリ摂取に辺り、消化などの影響もある為、食事の前後は避けた方がいい。空腹時と置き換えれるかもしれない。自分の経験や交流情報からは15時辺りという意見が多かった。

ただ言ったように、生活リズムが違う人は変わってくるということ。

中には起きてすぐ、寝る前といった意見もあるが、そもそも効いてるか実感しにくい時間帯だ。体内で作用はしているだろうが、脳が冴えてる時はその作用に対し何かしらを感じ脳から有効的な信号を送るものじゃないのか、と思う。

用法超えで効果力アップ-方法1-

用法超えで効果力アップ!

では本題に戻って、長年の実践に基づく効果的な飲み方。

まずは用法を超えて飲む方法。↑でも言った通り、

  • 所詮サプリ、食品
  • 日本のサプリの安全性が確保されまくってる
  • 1日●錠から●錠と用法の上限がある場合、その上限で飲むのが1番

ということを踏まえれば、用法超えは当然効果を高める為にやるべき技の1つだろう。実践でも効果的なのは明らかだった。

具体的な飲み方だが、錠剤やカプセル1種の1タイプだと、倍くらいにしても問題はない。むしろ1タイプは実感力、火力が低いので大したことではない。ただ用法が1日4錠以上のものは倍は避けて、プラス2-3錠までにしといた方が良い。増やしたところで、そこまで効果力が上がるわけではないし、例えば16錠飲むとかめんどくさいし、体への負担にもなりそうだ。

また1タイプは性能が低過ぎるので商品によっては副作用の懸念もある。いくらサプリ、食品で安全過ぎるとは言っていたが、進化した今言えることであって、昔は副作用があるとも言われていた。配合や製法などの技術は進んだとは言えるが、その昔と同じような成分構成、性能であるなら注意すべきだろう。

しかもこの1タイプで成分10種程度というスペックは未だに、全体の半分近くを占める現実がある。

2タイプ(錠剤とカプセル2種など)、3タイプとなると意味合いは変わってくる。これらは2種、3種でそれぞれの役割を持って作用する為、1錠増やすということは効率的ではない。増やす場合は、倍にすべきなのだ。つまり1日で2日分摂取するということ。

飲み方についてはどのタイプでも、一気に飲んだ方が効いてる実感は高まるというのが基本概念。しかし、上で言ったように錠数が多ければ午前と午後など2回に分けた方が良いし、2,3タイプの場合も同様で1日2回作用させた方が効果的である。

つまり、1タイプで1日4錠以下の場合に限り、2-3錠足して一気飲むと効果的になるってこと。

用法超えは1か月もたなくなるというのがデメリットだが、それ以上に同じものを飲んでも(増やしても)大して効果は上がらず微力、効率的ではないということも理解すべき。

ペニス増大サプリ同士の飲み合せで大幅アップ-方法2-

ペニス増大サプリ同士の飲み合せで大幅アップ

これは異なるペニス増大サプリ2種を同じ日に飲むという技。増大サプリの安全性が劇的に高まった3タイプが登場した辺りに編み出された技。つまり、安全性の高い3タイプや成分100種など高スペックサプリを母体としているので、1タイプ同士など下手に飲み合せても効果はおろか、副作用など危険性を伴う技でもある。

また大前提として意味のある2種を選ぶべきであり、何でもいいわけではない!と理解する必要がある。

グライバルとボルギア3

まず高スペックということなので無難に3タイプを選んでおけば間違いない。そして特に効果が高くなる条件として、「成分構成や構造、特徴など全く同じではないモノ同士」と言われている。とは言っても全く同じということはほぼないので、深く考える必要はない。

せいぜい特徴が出るのは成分数やその構成なので、そこが違っていれば確実だろう。また、この飲み合せで活かすべきポイントはお互いに体内で相乗作用し合う関係だ。なので全く同じではない方がいいわけだ。確かにそれでは、用法を増やしただけに他ならない。

実際に自分含め効果が高いとされてる飲み合せの1例を挙げると、グライバルとボルギア3が有名。この2つは3タイプという高スペック同士であり、成分構成は60種と100種、構成も異なりそれぞれ違う特徴を持っている。実践上でも確かに単体使用よりも効果が高い。

また飲み方も重要であり、全体的に性能の高くベースアップ力の高いボルギア3を先(午前)に飲み、後(午後)で火力に特化するグライバルを飲むというのが効率的。

このように飲み合せは飲み方まで理にかなっているから、効果が高くなるわけだ。

ペニス増大サプリとED治療薬の併用(禁術)-方法2-

ペニス増大サプリとED治療薬の併用(禁術)

これは高性能のサプリをベースに、バイアグラなどのED治療薬を併用するもの。あくまで併用なので同日ではなく、別日に飲んでいくという技。

ED治療薬は勃起に対しての効果は確実であるが、使用上の注意や副作用を伴うもの。それと併用するのは危険かに思えるが、条件はやはり安全性の高いものが大前提

なので増大サプリは成分数やタイプ数の多い「高性能」と決められ、ED治療薬も最も安全性の高いルナシアス(シアリス系)が推奨されている。
ちなみにシアリスは、バイアグラとレビトラの3大治療薬の中で最も安全性に優れる。

発端は精力剤熟練者が新しいシアリス系のルナシアス(旧ルナシアス:写真)が出た頃、勃起が必要な時など一時的ではなく、週3-4と定期的に飲んでいったところ、勃起効果はもちろん、ほとんど副作用を感じることなく膨張作用した。そして増大サプリと併用しても、問題なくペニス増大にとってプラスだった、という背景がある。恐らくは、シアリス系特有の「効果恵継続時間の長さ」も影響しているのだろう。

そして逆に、増大サプリユーザーからもルナシアスと併用していったところ、

  • 勃起強化は最低限保証される
  • 短期で膨張、増大力がアップ

などプラス効果が見られ、持っていて損がないアイテムとして有名になり、この技は一気に広まった。
効果が不透明な増大サプリのユーザー達にとって、その確実な効果は衝撃だったのだ。更に副作用など不安視されるED治療薬は嫌煙しがちであったが、それが安全性も高かったとなればなおさらだろう。

ルナシアスが流行った背景には効果だけでなく、嫌煙されがちな個人輸入代行(購入手段)が、他に卸していない(偽物などの心配がない)、商品が届いてから支払い、届くのが早いなど安心できる内容のものであったからだ。
具体的な飲み方としては、増大サプリを週5とすると休んだ日にED治療薬という感じで飲み合せではなく併用。

サプリなり精力剤なり全く効果がない!って人が絶対やるべき必殺技と言えるか。

コメント