ペニス増大サプリで巨根達成

ペニス増大サプリに必要不可欠の成分【危険成分もある】

ペニス増大サプリ

主に勃起力や増大力を担う重要成分を紹介。全て配合されている方がいい。60種以上のサプリを選べばたいてい配合されています。

確かに精力アップに関しては、動物系成分だけでも成り立ちますが、毎日飲み続ける事で意味を成す増大サプリにとって、動物系のみでは火力が高い分、体への負担も大きくなるので、それを緩和するアミノ酸やビタミン、ミネラル、植物成分が必要となるのです。

必須成分と危険な成分や重要度をまとめます。

体を構成するアミノ酸 ★★★

アミノ酸
アミノ酸は体を構築するもので、増大サプリにおいては増大しやすい状態を作る、または状態をキープします。シトルリン、アルギニンは最低入ってないとダメですね。シトルリンは本来、構成する役目なので、それだけで効果がどうこうではありません。
ペニス増大には根本を作り出す必要不可欠な成分であり、間接的な成分動物や植物成分の方が上です。
またシトルリンをメインにしてるサプリは、成分数が少なく性能が低いものが多いので注意しましょう。

L-アルギニン

L- アルギニンは、天然に存在するアミノ酸の一つで、身体の成長には欠かせない成分。体内で一酸化炭素を精製し、血液の流れをよくします。さらに、ホルモン分泌を促す効果や精子を増やす効果があるとされていて、古くから精力増進に効果的な成分として注目されています。

L-シトルリン

すいかから発見されたアミノ酸で一酸化酸素を生成し、増やす働きから、血流をよくして血管を広げます。全身の血流がよくなり、海綿体が充血しやすくなることから、精力増強効果が期待されています。

L-バリン、L-ロイシンL-イソロイシン

3つでBCAAとも言われる、筋トレサプリには必須の成分。筋肉増強・修復、疲労回復に効果があり、ペニス増大にも体内を活発にし増大作用を効率的には必要となります。

精力を高める動物系成分

マムシやすっぽん、オットセイなど昔から勃起や精力を高める成分として有名です。それ自体に豊富なアミノ酸もビタミン・ミネラルを含んでいます。
摂取してからの実感力も一番高く、ペニス増大にとっても構成された基盤から一気に増大作用を起こす重要な原動力となります。

トナカイ角 ★★★★

トナカイ角
トナカイ角は動物系の精力成分の中でもクオリティが高く精力効果も高い。更にアミノ酸も豊富に含んでいるので体内を形成する力を持つ。

蛇系 ★★★

コブラやマムシの蛇系
精力素材として使われるのはコブラやマムシ、海蛇があるが、蛇系はアミノ酸、タウリンが豊富で持久力アップ要素があり、血流効果に優れているので精力効果が高い。

豚or馬睾丸 ★★★

豚や馬の睾丸
豚や馬の睾丸はアミノ酸が豊富で血液を浄化し、血流量を増やす効果があり精力効果が高い。またDNAを多く含むことから精子量をアップさせる。

海馬 ★★

タツノオトシゴ
タツノオトシゴは精力効果が特別高いわけではないですが、豊富なアミノ酸を含みED等の勃起障害改善には欠かせない王道成分。他との相性がいいです。

冬虫夏草 ★★★★

冬虫夏草
冬虫夏草は高価で成分として優秀です。多くのアミノ酸を含み、免疫力を高め、細胞を活性させる。精力というより源の活力がアップします。

その他の動物成分 ★

  • すっぽん
  • ヤツメウナギ

精力と健康を高める植物系成分

植物系成分には精力的な効果と健康的な効果の両方を持つ成分が多く、安全性も確保でき精力系のサプリにはほぼ入っています。
ただし動物系と比べると精力・増大の重要度は高くありません効いてる実感も低いです。
しかし毎日摂取していくペニス増大サプリには入っていなければならないものです。

ムイラプアマ ★★★★

ムイラプアマ
南米のアマゾン流域、湿地帯に生息する潅木で「性機能を改善する木」とも呼ばれています。強力な精力増強作用があり精力高効果は高いですが、神経システムを調整し快感がアップするとも言われる。ホルモンバランスを整える効果もあります。

ボロホ ★★★★

ボロホ
ボロホは食物繊維やアミノ酸を含み、神経作用やホルモン成長に作用する万能な成分。血流促進効果に長けていて「精力効果を出やすくする」働きがある。

マカ ★

マカ
ビタミンやミネラル、アミノ酸を豊富に含む完全食。勃起不全薬に使われる事が多いのは、「アルカロイド」「デキストリン」を含んでいるから。 アルカロイドはストレス性の心因性インポテンツに効果的で、デキストリンは陰茎の血流を活発にします。マカ系のサプリは実感効果は薄い印象。血流効果を高め、ホルモンバランスを整えます。

トンカットアリ ★★

別名を「森のバイアグラ」と行われるマレーシアのハーブで、滋養強壮効果が高いと言われています。男性ホルモンの分泌を促す効果の他、スタミナ増強効果や精子を活発にする働きも。

ガラナ ★★

南米に自生する蔓植物で、種子を砕いて炒ったのがガラナエキスです。ガラナに含まれるカフェインが、脳を興奮させてアドレナリンが出るため、血流が活発になり精力を高めると言われています。ガラナには脳の快楽物質であるドーパミンを高める働きもあるので、満足感や陶酔感を得ることもできるとされています。

アシュワガンダ ★★

インドの朝鮮人参、自然のバイアグラとも呼ばれる滋養強壮ハーブ。インドでは、伝統医療であるアーユルヴェーダで用いられています。精力の増強の他、睾丸の重量増加や、精子を増やす働きもあるとされています。

赤ガウクルア(ソフォン)

タイのメコン川流域に生息する熱帯植物。ホルモンの分泌を促す効果があり、ホスホジエラスターゼという勃起を終わらせる酵素を妨害して、勃起を持続させる働きをします。

神経・体内作用植物系 ★★★★

神経・体内作用植物系
勃起や増大は指令を出す脳や基盤の体内が活性していないとなりません。上で挙げた精力に特化した植物成分以外にも精力的に活性するエゾウコギ、
ロディオラ、パフィア、アンジェリカ、明日葉、ローズマリー、ソーパルメット(ノコギリヤシ)等入っていた方がいいですね。これらがあると体に負担をかけず、精力要素が強い成分を緩和して効果アップに繋げてくれます。

その他の植物成分

  • ブラックジンジャー(クラチャイダム)
  • カツアバエキス
  • エゾウコギ
  • ムクナ
  • 朝鮮・高麗・田七人参

健康・状態維持のビタミン・ミネラル

今回の記事は精力系に絞った成分を書いていますが、ペニス増大にとってはビタミンやミネラルも重要な役割です。主に健康的な役割ばかりですが、体内以外にも脳や神経に作用する点で増大作用にも関連します。また健康の維持は状態の維持にもなり、増大作用の効率に関わるので入っているべき成分です。

亜鉛 ★

体内でたんぱく質を生成し、ホルモンの成長を助けます。前立腺の働きを助け、生殖器官を発達させる働きや、精子を増やす働きの他、ビタミンB6と併用すれば、勃起不全解消に効果的とされています。精子量を増やすとも言われてますね。

ビタミン類 ★★★

ビタミン系
増大・精力サプリを毎日続けていく上では、健康、体調が良くないといけないので、やはりビタミン等の健康成分を入っていなくてはなりません。豊富に入っているかが副作用・安全度の鍵を握る!体内だけでなく、脳や神経に作用する成分も多く、効果も様々です。多く入っていた方がいいです。

海外産に注意!厚労省が注意を促すサプリに配合禁止の成分

海外産に注意!厚労省が注意を促すサプリに配合禁止の成分

日本では成分上、医薬品扱いでサプリへの配合は禁止されています。しかしアメリカや中国など海外製のサプリには普通に配合されています。
その副作用に問題があると厚生労働省が指定した劇薬、危険成分なので安易に海外産の増大サプリ、精力剤は使用してはなりません。
個人輸入という手段でネットで普通に購入できてしまうので、注意喚起がされています。

  • シルデナフィル
  • ヨヒンビン(主にアメリカ産)
  • トリビュラス・ハマビシ(主にアメリカ産)
  • インヨウカク(主に中国産)
  • p-アミノ安息香酸エチル
  • リドカイン
  • アセトアミノフェン

増大サプリに配合されている成分効果の優劣

精力や増大力:
アミノ酸系(ここではシトルリンとアルギニン)<植物精力系<動物精力系

安全度:
動物精力系 <植物精力系

増大基盤形成:
アミノ酸系

成分数が多ければ相乗作用によって精力効果だけでなく、それ以外の効果も期待できる。それは錠剤やカプセルどちらかしかない1タイプより2タイプ、3タイプの方が効果作用度は高い。

コメント