ペニス増大サプリで巨根達成

ED・勃起不全の原因、治療、対策を知って克服【改善方法】

ED治療・精力剤

自分は若いし、全然元気だから大丈夫!と思っていてもEDになります。日本医師会の記事の一部には

「最近では、生活習慣病の低年齢化が問題になり、「小児生活習慣病」という呼び名も登場しました。糖尿病、高血圧症、高脂血症が増え、心筋梗塞の例まで見られるようになっています。この原因は、動物性脂肪のとりすぎ、食べすぎ、遊び場の減少、テレビゲームの普及、運動不足などがあげられます。」

と書いてありました。
そこでEDの原因から治療、対策方法をまとめます。とお悩みの方も多いのと思いますので、簡単に説明したいと思います。

ED・勃起不全の原因、種類、治療法

ED・勃起不全の原因
一言で説明すると「生活習慣病と同じ。」です。
近年、食の西洋化や経済状況の変化などの時代背景の変化に伴い、栄養素や運動・睡眠の不足に悩まされる方が増えて来ました。また若い人ではオナニーのやり過ぎ、精神的な自身の無さからEDになる人も多いそうです。
そして、高血圧・高脂血症・糖尿病などに悩まされる方が増えてきたのと同じように、「ED」に関する悩みを増えて来たという形です。
この文章をご覧いただければ分かるように、もはや「ED=年配の病気」ではないということです。

多くの方が悩まれているEDのほとんどは、「二次性(心因性)ED」と呼ばれるものと「器質性 ED」の二つに分類されると言われています。

二次性ED(心因性)の原因と治療法

はじめに、「二次性ED」は新婚時などに生殖器が機能しないなど、一時的に何かの精神的・心因性が起因していることが多いと言われているものです。
「仕事のストレス」「精神・心の問題」によって起こります。主に30代から40代を中心に多いです。精神的なストレスは脳からあそこへの性的な刺激をつたえにくくし、EDとなる。

仕事でのストレス、子作りの焦り、性体験失敗のトラウマなどが多い。またGや夫婦間のレスなんかもこの一種だと考えられ、見慣れている、義務化しているなど興奮が足りないという事からEDや中折れに陥ってしまう。

若い人は仕事のストレスの他にも彼女とのセックスがうまくいかない、初めてのセックスに対する不安なんかでもインポになることはあるそうです。

気になったなら、やはり早い段階でよく調べてみることが大事です。あまり思い詰めるのは逆効果だと思いますが、インポも早いうちの方が、やっぱり薬も効きやすいと個人的には思います。

二次性EDは、一時的な精神的なストレスが原因と言われていますので、それを取り除くことが、そのまま治療となります。
行動療法や心理療法などで、ストレスを取り除くことを試み、自然に生殖器としての機能を回復させます。
それでもなかなか「すっきりしない。」という場合に、薬物を使用した治療という流れになります。

器質性EDの原因と治療法

そして二つ目に、「器質性ED」です。これは、「基礎疾患」が起因すると言われています。
主に体の機能が原因で起こるインポテンツのことで、 ホルモンや血管、神経等の問題が原因です。50代くらいの加齢だと糖尿病や高血圧、高脂血症などにより動脈硬化、血管をせばめ血液の循環が悪くなることからなる。過度の酒や睡眠不足、運動不足、タバコも動脈硬化をせばめる働きがあるため、EDに陥る人が多い。

そして、その治療に使用している薬の副作用が原因のEDです。
「基礎疾患」とは、生活習慣が原因の糖尿病やうつ病などのことをさします。

「器質性ED」は薬物の副作用が原因となるEDですので、ベストな選択としてはもちろん「薬物の摂取を止めること」ですよね。
しかし、その治療薬は「糖尿病やうつ病治療のため」という名目で摂取しているものなので、簡単に摂取を止めるということが出来ないのです。
その場合どうするのか?その副作用に薬物の効能をぶつける形で「ED治療」を試みます。
要するに、「うつ病治療の為の薬物の効果以上の薬物を摂取する。」という形でED治療を行うのです。
バイアグラやシアリス、レビトラは、このような場合によく使われる薬物です。

勃起のメカニズム


ペニスの中には海綿体を通る動脈があります。性的興奮があり、脳に刺激があり、この動脈が広がって、大量の血液が送られてペニスが膨張します。そして、膨張することで逆に、海綿体の出口側にある静脈が圧迫されて血流が止まるので、血液が膨張したままペニスにためこまれるのです。
これがいわゆる勃起した状態です。
そして、この血液を送り込む働きをつかさどっているのが自律神経で、 興奮した状態になると、ペニスに血液を送り込むように命令するのです。

つまり、身体機能が原因である「器質性」のインポテンツの場合、自律神経がうまく命令を送れない、血管が細くて十分な血液を送れない場合が考えられます。

勃起するのに必要な血流は、通常の6倍以上と言われているそうです。インポテンツは、体の異常信号だと言われていて、動脈硬化などの病気の前症状として現れることもあるそうです。

色々試してみても勃起が改善しない場合や、体の不調がある場合には、単なる疲れと一蹴してしまわないで、循環器系の医者等にかかってみるのも必要かもしれません。

以上のように「ED治療」には、原因に応じた治療方法があります。気にしないことで改善する場合もありますが、治療が必要な場合もありますので、軽く考えない。という意識も必要かも知れませんね。

EDは自分だけの問題ではない!


EDの悩みをお持ちの方も、近年少なくないと思います。
女性の社会進出に伴い、ゆっくりと営みの時間を取ることができない。という現実もあります。

さらに、男性にとっても、社会情勢の変化などにより、これまでよりストレスを感じやすくなった。という意見もあるのではないでしょうか?
そんな時代においても、「性生活」は重要です。目的は様々ですが、愛情表現と考えた際に、自分だけの問題とは言えないのが現状のようです。

「EDで悩むのは男性だけ!」と独りよがりな考えはもう捨てた方が良さそうです。
マイナビの調査によると、男性が行為中に「ED」になった時、自分に理由があるのでは?と考える女性も多い様です。7割もの女性に、「自分に原因があるからしかたがない。」と考えてしまっているのです。

しかし、「もし、EDだったとしたら?」という投げ掛けに変えた途端に、「しかたがない。」と答えていた女性の8割が「治療して欲しい。」と答えているのです。
その理由は、「最愛の人との子供が欲しいと思った時にどうしたらいい?」など、切実なものだったとのこと。

ED、中折れは恥ずかしい!


最近では世間体を気にかけ、「病院に通うということはできない。」という方も多いでしょう。
仕事を抜けるなどで、「上司にどう見られている?」ということを気にかけストレスを抱えてしまう。ということもありますので・・・。

しかし、女性の多くはもちろんですが、 「ED治療はしてほしい。」と望んでいるようです。
彼女や奥様のことを考えた時に、「EDを無視する。」ということは、関係を破綻させるきっかけにもなってしまいそうですね。

EDになってしまった男性のほとんどが自分に自信を失います。
それもそのはずです。行為中に機能しない=相手をがっかりさせる。ということですから。
しかしそうなってしまった時は、焦らないことです。

まず、しっかりと相手にそのことを伝えましょう。そして、しっかりと余裕を持った治療を行うことです。
一時的に、薬物を摂取して治った風に見せていても、はっきり言って無意味です。
「相手に数ヶ月間でしっかりと治療したい。」と伝えましょう。
そうすることで、自分を責めるきっかけもなくなります。

ED治療の専門家による診察


EDの原因はさまざまです。しかしその原因を辿れば、それほど複雑な理由はありません。
先に説明した一時的なストレスによって、引き起こされるED。
または栄養などの問題に、日常的にさらされた結果引き起こされるED。大きく分別するとこの二つです。

では、治療方法はどのように選択すべきなのでしょうか?簡単な答えは、「専門家に相談する。」ことがベターです。どうしてEDになったのか?をしっかりと把握することで対処方法がはっきりとしますので、あれこれ悩む前に医師に相談する勇気も大切と言えそうですね。
もっとも即効性があり、悩みを解決するためには専門家の目による適切な判断を仰ぐという行動が大切と言えそうです。

一時的な改善策でしかない

医師の判断を仰ぎ、医師による治療には確かな信頼があると思います。しかし、一つ大きな落とし穴があります。それは、「一時的な効果しか得られない。」ということです。

そもそもEDになる原因は、生活習慣によるものです。
会社でのストレスも、日常的に運動をしている方はストレス発散をしていますので、EDにはなりにくいと言えます。
そして、その生活習慣を繰り返すことで糖尿病などの生活習慣病にかかり、生殖器に影響する作用のある薬物の摂取によって、 EDが引き起こされるという悪循環に巻き込まれるというものです。

ですから、医師による処方には一時的に「EDを克服したように感じる治療しかない。」というわけなのです。
「克服したからもう大丈夫!」と思っていても、時間の経過とともにまた再発する。また病院に行く。というサイクルなのです。
それもそのはず、生活習慣に変化がありませんからね。

ED治療の方法


基本的に治療方法は、「ED薬によるもの」ですので、医師の適切な判断による処方が大切になります。
また、近年多い治療方法としては、「ICI治療」と「バイアグラなどの薬物を摂取する」・「心理療法」という方法の3つが代表的なものです。

ICI治療

10年ほど前から80カ国で実施されている治療方法です。そして、現代の治療方法において最も効果のある治療方法と言われています。

その方法は、薬物を陰部に直接注射するというものです。
バイアグラの服用などを行っても効果のなかった方や、陰茎につながる神経に傷があるため、ED治療薬の摂取が出来ない方は最後の砦として活用する治療方法のようです。

ED治療薬の摂取による治療

この治療方法は生活習慣によってEDになってしまった方を対象にしたものです。
糖尿病などの治療のために服用している薬の副作用よってEDになり、その薬の服用は止めることが出来ない。という方のための治療方法と言えるでしょう。
バイアグラやシアリスなどで強制的に勃起させることで、それが自信となり、治療にもなるのです。近年ではジェネリック医薬品の普及により安価に治療できます。

心理療法

一時的なストレスが原因でEDになってしまったという方に対するカウンセリング療法です。
ストレスを取り除くことで、自信を取り戻す。その結果、性生活にも好影響を与えるというものです。

サプリメントで治療


ここまで読んで頂いた方の中には、「医師に相談するしかないのか・・・。」と肩を落としている方もいらっしゃるかもしれませんね。
中には、「何を言われるかわからないから・・・。」と恐れている方もいらっしゃるでしょう。
そんな方には、「サプリメントによる治療」をお勧めします。

誰にも知られることなく対策をしておけますので、「こっそり」対策してみませんか?

多くの方は、「ED=専門医」というイメージをお持ちのようですが、時代は変化しています。
「忙しくて、そんな時間ないよ」という方も多いでしょう。
「手軽に」。そして「気軽に」。活用してみてください。いざというときには遅いということもあります。

仕事でも、「いざという時」に備えている人が強いものですよね。
今のうちから、日々習慣的に服用を続けていることで、しっかりとした対策を講じることができます。
そして、サプリメントは栄養補助食品と呼ばれるものであり、「今日摂取したから明日効果がでる!」というものではないという認識も必要です。
ぜひ、生活の一部にすることをお勧めします。

近年では栄養補助食品として、多くの企業がサプリメントの開発に取り組み、商品自体の性能も昔よりかなり上がっています

「サプリメントによる治療」であれば、医師の判断をいちいち仰ぐ必要もありません。
さらに「治療にどのくらいの費用が必要なんだろう?」と不安を抱える必要もありません。
根本的に「ED治療をしたい!」という方には、もっともお勧めの方法と言うことが出来るでしょう。

ED治療においては長いお付き合いが大切です。
そもそもメカニズムとしては血液の流入によって、勃起するというだけの単純なものです。ですので血液の循環改善を行う。

また、「日常的にストレスが多く自信を失いがち。」という方には運動をお勧めします。体を根幹から変化させていくことが大切です。
しかし、栄養素はとても複雑なものです。どの栄養素が必要なのか?をしっかりと把握し、サプリメントを活用しながら適切なアプローチを日常的に行いましょう。

しっかりとした栄養の知識を身につけ、サプリメントを服用し始めた時、その効果はED治療に留まりません。
まず病院に通っている場合と比べると、「時間と費用・周囲の目」からのストレスは、段違いに軽減されることでしょう。
空いた時間に簡単に摂取することができますので、周囲に迷惑をかけることもありません。

また、費用も月々1万円程度ですから、「生活を切り崩して・・・。」と思い悩むこともありませんよ。
日常の生活では、なんの支障もなく生活する!ということ自体が困難な時代になりました。
そんな中でも、うまく活用できるものを活用している!という方も沢山いる。という事実もあります。
日常のなかで、少しの工夫で少し先の未来が明るいものになるように取り組んでみてはいかがでしょうか?

どういったサプリを使用すべきか


サプリメントと言っても、「精力」に関するサプリは何百種とあるでしょう。
亜鉛やマカなどDHCにあるような1成分に絞った健康サプリ、色々な成分が入ったペニス増大サプリなど。

1成分に偏ったようなサプリ、成分数が少ないサプリはED克服には向いてないです!
EDの原因は複雑という話をしてきましたが、どの成分が効くというのはわかりません。単に精力が強いものを選べばいいという訳ではないのです!

今はペニス増大サプリの技術が進み、高性能なものは3タイプであったり、100種以上の成分が配合されていたりします。
60種以上など成分数の多いサプリであれば、脳や精神、体内中に作用する成分が多く入ってるので、弱ってる部分を修復するのに幅広く対応できるでしょう。
つまり増大や精力だけでなく、健康的な効果も高いです!
総合的にED治療の役割も果たすとされています!

高性能サプリは何百種とあるペニス増大サプリの中で1割程度しか存在せず、値段も他と変わらない為それだけで価値が高いとされています。
また、タイプや成分数、増大構造など性能は、表記しなければならない「購入前にわかる情報」です。
効果の口コミなどの情報はいくらでも嘘が言えるのでアテにならない、だから性能は最重要とされています。
そして性能は=効果とされています、性能がいいものが効果が高いというのは自然な流れです。
いくつの商品を比べればわかりますが、他(高性能ではないもの)と比べれば段違いで、効果も高いです。

時間はかかるかもしれませんがペニス増大と一緒にEDも克服すれば一石二鳥です!

コメント